相続問題は弁護士を頼らないと損をするかも

2020年4月16日

法定相続人には、遺留分と言う必ず相続することができる財産があります。遺留分が認められるのは、配偶者・子供・直系尊属で、兄弟姉妹には認められません。故人と深い関係があり、大阪で少人数の家族葬東京で行う散骨に参加したりと財産を相続するのが当たり前だと社会的に認識されている人たちに、遺留分を認めるのは当然のこと。親に育ててもらい、配偶者に長い期間支えてもらって、子供に老後の世話をしてもらう。行く末は江戸川区のゴミ屋敷掃除墓じまい(改葬)の手続きをお願いすることになるかもしれない。兵庫県で遺品整理の相談をしてくれるのも遺族です。だからこそ、配偶者・子供・直系尊属には、最低限の財産を相続できる権利が必ず認められるべきです。

相続について弁護士に相談している様子
相続について弁護士に相談している様子

この遺留分を侵害された者は、遺留分侵害額請求というものができ、被害の回復を図ることができます。ただ注意して欲しいことがあり、遺留分侵害額請求ができる期間には制限があるということです。より具体的にいうと、相続が開始されたことと遺留分が侵害されたことを知った時から1年、または、相続が開始されたときから10年間を過ぎてしまうと、遺留分侵害額請求はすることができません。
もちろん兵庫県の弁護士に離婚相談をして、離婚している者にもその権利は発生しません。

相続が開始される前や直後の弁護士に相談すると、相続時の法律関係を的確に把握してくれ、遺留分や遺留分侵害額請求などの法的知識を教えてくれます。遺留分は、計算方法がややこしいですが、弁護士が全部代わりに行ってくれますよ。

相続する場合の財産は、場合によっては数千万円にもなることがあり、もらい損ねると後悔することもあるでしょう。相続に関しての初回相談を無料で対応している弁護士事務所もあるので、気になる人は利用してみてはいかかでしょうか。基本的にデメリットは一切なく、メリットしかありませんよ。

 

PR|生命保険の口コミ.COMクレジットカードの即日発行じゃけん健康マニアによる無病ライフマッサージのリアル口コミ.com英語上達の秘訣ダイエットチャレンジAGAでお悩み解決エステサロンを上手に利用する情報サイト健康に役立つ口コミ情報AGAお悩み相談.com

Posted by souzoku19