生前贈与して失敗しないために

生前贈与というのは、相続税を節税する為に非常に有効な手段として考える人が多いものです。

確かに生前贈与する事によって課税対象となる相続財産を減らす事ができ、その結果相続税を減らせたり非課税になるケースもあるのは事実です。

しかし素人の中途半端な知識で生前贈与をしようとすると逆に損してしまう可能性もあります。

例えば、非課税になる制度を利用して生前贈与してきたつもりだったのに最終的に税務署から否認されてしまう場合です。

そうなると非課税になる予定だったのに結果として贈与税や相続税の負担が大きくなる、という羽目になりかねません。

最も良いのは、素人の判断で進めてしまわずに税理士などの専門家に相談してみる事です。

実はそのまま相続した方が税金についてはお得だという事もあります。

また、前贈与の方法についても専門家からアドバイスを受けて慎重にしないと税務署から否認される可能性が高くなります。

専門家とシミュレーションを行い、行う予定の生前贈与についての損得ハッキリさせた上で注意点も確認しましょう。

特に暦年課税制度は、年間110万円までの贈与は非課税という大まかな事しか把握せずに利用すると失敗しやすい制度なので気をつけましょう。