相続や遺言を司法書士に相談するメリット

2020年2月26日

相続を相談する相手の1人に司法書士という存在がいます。司法書士は裁判所や法務局に提出する書類の作成や、不動産登記の仕事が知られていますが、司法書士は相続や遺言に関して最初に相談する相手としても最適とされています。今回は大阪で見送る葬儀の後に、相続や遺言について司法書士に相談するメリットを紹介します。

・司法書士は法律の専門家です
司法書士は法律の専門家として日々の業務を行っています。その為、相続発生後に必要となる不動産登記や遺産管理業務や、相続発生前の遺言作成や家族信託など様々な面でお役に立つことが出来るのです。

・司法書士は不動産実務のプロです
司法書士の仕事として最も知られているのが不動産登記です。相続で不動産の名義人を変更する手続きを行う場合や、不動産の贈与や売買を行う際には、不動産の名義人を変更する所有者移転登記が必要となります。相続の際に不動産に関する知識は必要不可欠となるのです。

・司法書士は相続に強い専門家を紹介できる
司法書士は不動産の売却を担当する不動産業者や、依頼を受けた税理士から相続登記の仕事の依頼を受けることが多いのです。そうなると相続案件の多い不動産業者や税理士が誰なのかが必然的に分かります。また、司法書士は相続手続きの最終工程にいるので、どのような仕事をされてきたのかも分かりますので、本当に相続に強い専門家を紹介することが出来るのです。

Posted by souzoku19